おつまみ系のキッチンカーは短め

キッチンカーの中でも、お酒やおつまみを取り扱う場合は、営業の時間は短めが良いと思います。出店場所としては、ビジネス街や駅の近くの繁華街などが、帰宅途中の会社員が立ち寄りやすいといえます。広さがとれるのであれば、テントを車の横などに設置すると良いでしょう。営業時間としては、帰宅タイムとなる18時から20時ぐらいというものと、二軒目に使ってもらえる22時から深夜という時間帯を狙うと良いようです。お酒を出すので客単価が上がります。ただ、慣れないうちから、営業時間を長くすると心身共に疲れてしまうそうです。なので、初めのうちは短時間で切り上げるようにしましょう。そしてリピーターを呼べる店づくりをしていくように考えていきましょう。おつまみは焼き鳥やおでん、また、お好み焼きなども夕方のおつまみに人気の商品です。