自転車キッチンカーのメリット

自転車のキッチンカーは、ガソリン代や自動車保険料がかかりません。初期費用やランニングコストが抑えられるということは、利益確保のために必要な売り上げが低くて済むと言うことです。自転車での販売は、売り手が歩行者と同じ目線にいるということ。

そのため、車のキッチンカーとは違う親しみやすさがあるようです。お客様から声をかけられやすいということや、商品を手に取ってもらうきっかけをつかみやすくなります。自転車ならではのコミュニケーションのとりやすさは、リピーター確保にもつながります。

デメリットとしては、商圏が限定されてしまうということです。また、電動アシストがついていたとしても、荷台をつけた自転車の移動は、限られた距離となります。自宅から移動可能な範囲で販売場所を確保できるかどうかを検討する必要があるでしょう。