キッチンカーの種類や大きさと専門業者

キッチンカーは食べ物を移動販売するための車で、軽トラやトラックの荷台をキッチンと店舗仕様に改造されています。シンクや換気扇が備えられていて、電気配線や給排水の設備もされていればIHを使った調理も可能です。お客様カウンターもあり、そこでお客様が注文したり食べ物を受け取り会計をしたりします。
大きなトラックになれば、シンクやコンセントを多く設置したりすることができ、効率よく動いたり調理ができるのでより多くのお客様に対応することができます。
キッチンカーの車体が小さければ、小回りがきいて狭い路地などでも止めることができ、大きな車体だとお客様がたくさん来るイベントなどでも使うことができます。
キッチンカーは、それぞれ販売する食べ物の種類やスタッフの希望によってオリジナルなものを作ることができ、改造をしてキッチンカーを作る専門業者もあります。