「食べ合わせ」の謎解き

「うなぎと梅干し」「天ぷらとスイカ」など、古来から日本人の人々の間では食べ合わせの NG とされるものを言い伝えられてきました。これらは「食べ合わせが悪い」などと言われ食卓に同時に並べられることを避けられても来ました。このような「食べ合わせ」とは一体どのような事柄を示しているのでしょうか。お野菜、お肉、お魚、果物など様々な食材が食卓の上で並べられる際に、どのような点に気をつけて身体に美味しいお料理を作ることが望ましいのでしょうか。このような食べ合わせに関してのレポートなどを探ってみますと、そこには相乗効果といったようなワードが数多くみつけることができます。お野菜、お肉、お魚、果物などが持つそれぞれの栄養素が同時に摂取されることで、それぞれの栄養成分が影響し合いながら、せっかくの良い栄養素が半減してしまう、もしくは相乗効果とともに倍増されることがるようなのです。食べ物を組み合わせて食べつことに関してのメリットとデメリットが、この食べ合わせには現れているのかもしれませんね。食べ物の持つ栄養素は多種多様であり、お互いの素材が助け合うことで、私たちに健康や元気をもたらしてくれるのです。それぞれの栄養素を打ち消すような組み合わせで食べ物を摂取することは、食べ物の栄養素の持ち腐れであると「食べ合わせ」の悪さを表現することで、古来の人々は私たちに栄養素の大切さを伝えようとしたのかもしれません。それぞれの食べ物の栄養素の良さをお互いに高めることを「相乗効果(そうじょうこうか)」、食べ合わせが望ましくないことを「相殺効果(そうさいこうか)」と呼ぶそうです。