キッチンカー開業に必要な自治体等の許可

自分の扱う商品の提供方法を確認した上で、営業許可の申請を行うことが大切です。開業後のトラブルを防ぎましょう。キッチンカーは、開業から一ヶ月以内に開業届出書、青色申告を行う人は、青色申告承認申請書を税務署に提出しましょう。

会社を退職して個人事業を開業するばあいは、会社が行っていた保険や年金の手続きを自分でしなければなりません。最寄りの市町村役所、区役所で国民健康保険や国民年金の手続きをしてください。

また、キッチンカーで、アルコール類を夜間に提供する場合は、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を所轄の警察署に提出します。これは忘れないようにしましょう。また、年間の売上が1000万円以上超えたら、その年の二年後から、消費税の深刻と納付も必要となります。