出店場所の傾向

大型スーパーやショッピングセンターは、人が多く集まり、キッチンカーの営業には適した場所です。ただし、さまざまな規制や厳しい審査があります。キッチンカーもひとつの固定店舗とみなされるので、口座物件となることが多いのも特徴です。店舗によって異なりますが、使用量は売上の約15%が一般的です。イベント会場は、休日を中心に、多くの人が集まります。住宅展示場や骨董市などのイベント会場では、仕切りの大半はイベント企画会社です。ホームページなどを通じてキッチンカーを募集しているようです。使用量は売上の約15%〜29%です。面識を持てば、次回のイベントへの出店を斡旋される場合があります。屋台村は、ランチタイムが中心です。さまざまなキッチンカーが並びます。出店には面接などの審査があります。