実店舗との相乗効果

レストランやカフェなどを開業して独立を目指す起業家が多いなか、実は供給過多となったエリアでは飲食産業に厳しい逆風が吹き荒れています。たとえばレストランや居酒屋などは忘年会や新年会のお客さまで賑わう年末年始の繁忙期ですらライバル店の出現や不況にとる顧客の内向き思考によって売り上げ減少しているお店も少なくありません。このような状況下にありながらも各社がなんとか飲食サービスを続けられる方法はないかと日々模索しています。そんななかでもテイクアウトの需要は増えつつあります。自治体によっては既存飲食店の新規同販売営業に対し、条件付きで支援金を出してくれるところもみられます。移動販売との組み合わせ営業は、本業の安定化につながったり新たな展開案のひとつになったりするため、これまで関心が低かった飲食店オーナーにとっても見逃せないチャンスと言えそうです。