移動販売で必要な資格

移動販売

キッチンカーでどんな商品を提供するか決まったら、必要な資格や許可についても調べましょう。必要となる資格も認可も商品によってそれぞれ異なりますので十分に注意しなければいけません。まずはキッチンカーの要となる営業車両に対する許可について。保健所から出される許可は自治体によって異なります。たとえば渋谷区で営業許可がおりたからと言って新宿区でも販売できるわけではありません。移動しながら区域をまたがって営業する予定なら管轄する複数の各保健所に事前に許可申請することになります。保健所によっては「営業許可があるなら車内で仕込みを行っても良い」と判断するところもありますので、何を売るのか商品を明確にしたうえで問い合わせると詳細な回答をもらいやすいでしょう。

販売場所や使用車両の許可

許可

公園内で営業する場合は、都市公園法に基づいて公園を管理する団体や国土交通省に認可申請をする必要があります。また道路上で販売することは法により厳しく規制されていますので無視して営業すれば行政処分や刑事罰の対象になり、懲役や罰金が課せられることもあります。規制をかいくぐってのゲリラ的な営業は固定客などつくはずもなく反社会的勢力からの不当な要求などのトラブルのもとになりかねません。安心安全な営業活動に徹しましょう。車両は主に調理営業車両と販売営業車両の2種となりますが、前者の場合「飲食店営業」「喫茶店営業」「菓子製造営業」、後者なら「乳類販売業」「食肉販売業」「魚介類販売業」「食料品等販売業」などとして、それぞれ取得すべき営業許可が違います。食品衛生責任者は営業許可を受ける車両1台につき1人必要ですから、栄養士や調理師といった特定の資格を保持する人以外は食品衛生責任者養成講習会を受講しなければいけません。既に資格を有している場合でも2年ごとに食品衛生責任者実務講習会を受講することで資格の保持に努めなくてはなりません。